靴磨き/fect

靴磨き 補修 バックのお手入れやってます。

通常ケアと保革 シェットランドフォックス

通常ケアと保革 シェットランドフォックス

こんばんは!

本日16時半ころ、このクソ暑い中、福岡の中心地・天神を長袖のワイシャツにジャケット着て全力疾走していた私が、今から記事を書きます!

 

長く仕事を依頼してくださる92歳の素敵な老紳士の電話があり、盆前ギリギリでしたがとても嬉しい報告とお仕事をくださいました。

なんとか間に合わせたく必死になった次第なんですね。いいひとですね。感動ですね。国民栄誉賞ものですね。

 

 

 

SHETLAND FOX です。

日本製靴界の雄 REGAL。そのリーガルの上位ブランドで知られている同ブランドですが、中でも高価格帯にあるケンジントン。この靴はネット上でもかなり名前が上がる一足ですね。

今回は、このケンジントンと同じく シェットランドフォックスのフラッグシップモデルでもある『Brighton ブライトン』のお手入れですよ。あまり名前を聞かないけどね~

 

国産のブランドを見てきましたが、とても丁寧に作られているんだと感じることが多いですね。

オーツカ ユニオンロイヤル スコッチグレイン 山長 シェットランドフォックス 宮城興業。もちろん他にもたくさんたくさんの素敵なメーカーがありますよ。

海外の同価格帯の超人気靴と比べてみても、これらの靴は引けを取らないどころか、細かい部分ではかなり上をいってるのではって思ったりもしますよ。 ただ色気というか雰囲気というか、そういう感性的なものは海外のものに軍配があがることが多いかなぁ。

なんにしろ、国産の3~4万円の靴で十分な質がある。で6~7万円となると、海外の10万円前後の靴と並ぶと思って間違いないかと。

 

 

んで 今回の『ブライトンさん』お手入れした結果、出てきた言葉

 

 

品のよかぁ~』でした。 ※お上品ってことね

 

 

これ 届いたばかりの画像ね

特に大きなダメージがあるわけではありません。

履きジワと乾燥? カサ付きではないですが、固く感じます。

まずは 以前のクリームやワックスを落としますね。

まずは油分たっぷりサフィールのクレム1925でゴシゴシして、絞ったタオルでふき取る。

デリケートクリームで、保湿とさらに汚れ落とし。

これがとても効果的!

一度クレムで表面の汚れを落としていても、この黒!!

古いクリームやワックスなどがいかに落とされずに、厚化粧してるか。考えさせられますね。

 

気持ちのいいスッピンです

 

しばらく置いているとすぐに表面が乾燥してきます。見える異常に乾いてる人生だったんだね。

何度か保湿してあげて、そのごブラッシングしましたよ。

履きジワまで もう既に上品な感じになってきました。

たまらんですばい♠

 

スッピンにして保湿してあげたので、油分を入れてあげます。今回はタピールのレーダーオイル。

ちょっと多めに塗っちゃったので、数時間放置プレイしましたよ。

 

そのご 丁寧にブラッシング。 クリーム塗布ごブラッシングと乾拭き。

※ワックス不使用

 

こんなんなりました 

画像ではお伝えしにくいですが、艶かしい感じ。

 

 

靴はお外で履くもの。 外で撮影

クラシカルなデザインで、ややロングノーズ。で、この革の状態です。

とにかく品がある仕上がりになりましたよ!

もうね 素敵なかおりがしそうでたまりませんです♥

 

 

 

(今日のまとめ)

  ↓↓↓ 陣内孝則博多華丸で再現してみてね 

う、美しかぁぁあ!

 

では次回! バイビー