靴磨き/fect

靴磨き 補修 バックのお手入れやってます。

基本ケア J.M WESTON GOLF 他

基本ケア J.M WESTON GOLF 他

靴のお手入れは、途中からです。前半は写真撮ったのでアップしてみただけです、スルーしてくださいませ。

先日お誘いを受け 行ってきました! 福岡ヤフオクドーム!!

18時試合スタートなのに、到着は13時台 汗

とりあえずランチということで ヒルトンへ

洒落とりますな 自分のお金では来ること無いね

この写真 試合までまだ2時間以上あるんですよ。好きなひとはホントに好きなんですね~ 感心

 

で、招待された席は一番危険で迫力あるコカコーラシート!』 緊張しましたよ

 いや~試合は散々でしたが、いい思いをさせていただきました。ありがとうございます。

 

 

   (ここから 本番)

 

 

で、帰宅後 靴のお手入れを(私物)

 

よく本やネット上で手にするお手入れ情報ですが、以下のようなものが多い気がします。

  1. 汚れ落とし ブラシでホコリを払い、ステインリムーバーなどで古いクリーム除去
  2. 乳化性クリーム塗布 乾拭き
  3. ワックス 

 

ただ自分自身の靴に関しては、とてもシンプルにやってます。 参考になればうれしいです。

 

  1. 汚れ落とし 馬毛ブラシでホコリを払う。絞った布で靴表面の汚れをふき取ります。
  2. クリーム塗布。豚毛ブラシでブラッシング。30分ほど放置プレイ。
  3. そこから余分なクリームをふき取り、乾拭き。

以上です。簡単でしょ!

もちろん場合によってはリムーバーやワックスも使用しますが、ほぼ使いません。

 

解説しますと…

  • まず ブラッシング。 靴に残るホコリなどが油分水分を持って行っちゃって、乾燥ひび割れの原因の一つになります。履く前後に軽くブラッシングしてあげることで、長持ちにつながりますしツヤも出ます。
  • 水拭き。これで十分に革表面に残る古いクリーム(正確にはロウ)は除去でき、同時に保水もできます。  革に水は大敵と言われています。間違えですね、必要なんです。問題は濡れたままにしておくとシミの原因になったり、水分の蒸発の際に油分まで出て行ってしまうこと。お手入れの際は水拭きで水分補給後にクリームに含まれる油分で蓋をしますので、上記の問題はクリアできますよ。
  • リムーバーに関して。古いクリームを除去せずにさらにクリームを塗布し続けることで、革表面に古いクリームが蓄積し 硬化ひび割れの原因になります。女性の肌で表現するならば、クレンジングや洗顔を数ヶ月せずに、化粧は毎日行う状態ということ。すっげー厚化粧ってことね!  その古いクリーム(化粧)除去にリムーバーが役立ちます。 普段からお手入れをしている靴にリムーバーはあまり必要ないということです。 僕は年に2回使うかなぁ?
  • クリーム塗布後のブラッシングと放置。 クリームはホントに少量で大丈夫。ポイントは全体に伸ばしたあとの放置プレイ!  この一手間で革への浸透といいますか馴染みと言いますか。ぜんぜん変わりますよ☆
  • そして最後に乾拭き。放置プレイ後に余分なクリームを拭き取ります。古い布でいいかと。で目の細かい繊維で磨くことで、革の内側から滲み出てくる 鈍い輝きが生まれてきます。僕はこの鈍い輝きが好きなので、積極的に水分油分を革の奥に入れて、しっかりと表面の余計なクリームを取り除くことに力を入れています。

慣れると非常に簡単で、続けることにより雨にも強い革に成長していきます! ぜひお試しあれ☆

※普段はブラッシングと乾拭きだけですよ。お手入れは月に一度くらいです。

 

こちら すこしづつ育っていっている ダブルモンク。 トレーディングポストとユニオンロイヤルのコラボ。購入時より奥深い艶あり。

こちら ご存知 J.M. WESTON / GOLF   今年購入したばかりなので、今から育てていきます。 たのしみ~

 

近く ケアに使う道具を紹介しながら、お手入れ法を説明しますね。  では、よい週末を!!